beside+
いつもそばにあるものo
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク
母の存在
今日は三者面談だった。




恥ずかしくも泣いてしまった。

母の態度に腹が立った。
担任の必要以上の優しさに戸惑った。

何も自信が持てない自分の不甲斐なさに涙がでた。

母にあたる。
面談中に携帯を鳴らした。
そんなことは仕方ないとして、
母のあの断言するような、スパスパと切り捨てるような、
ものの言い方が大嫌いだ。
どんどん圧迫されて、言い込められてしまいそうになる。

負けじと言い返す言葉が見つからなくなるとき。

情けなくなってきて涙がでた。

担任は言う。
「いろいろ苦しいのよね。だけど1人じゃないのよ」
「頑張り屋さんだから」

勝手に勘違いしてればいい。
そんなんじゃない、あたしは。



母に頼ってしまっているんだ。
最後にはなんとかしてくれるんじゃないかって
心のどこかに、「母」と呼べる人間に、私は頼っている。
じゃなかったら、こんな風に涙なんかでないし、
腹を立てることだってないはずだし。

当たり前に毎日一緒に生活する、この人に、
感謝もしないで不服ばかりを並べ立てて
それでいて頼りきっている自分。

世の中には、母親がいない人だっている。


ちゃんと、自分で立てるようにならなきゃいけないと思った。
はじめてこんなふうに思った。
頼りすぎていた。態度ではなく、もっと精神的な面で。

悔しいけど、
今はそんな自分を認めることが、精一杯。
: 学校。 : comments(3) : - : posted by さら
スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment









⇒Takezaoさん
お久しぶりです*^^*そしてコメント本当にありがとうですw
なんだか重い話題ですみませんw^^;
Takezaoさんのお母さんは、私も知ってるし、すごく優しくて明るい人なんだろうなぁ。
≫母と会う機会ができると1日に10回近くは『ありがとう』と言う言葉を母に伝えている気がする。
そ、そんなに!私なんてほとんど言えてないかも。。。
きっとお母さんも、Takezaoさんに慕われていることは絶対わかっていると思いますよ☆+゜
私と母は、親子というより友達に近い感覚なので…なかなかそんなふうになれないです。年も他の人よりは離れていない方だと思うし。だからその分、いつも同じ位置にいると思っている分、親子なんだって実感すると私がすごく幼く感じてしまうんですよね。
これ以上楽観的になったら私、ろくでもない人間になりそう(笑)人間的におっきくなれるように頑張ります☆^^★


⇒しゅんさん
≫頼る事は悪い事じゃないと俺は思いますよ^^。そうやって少しずつ成長して行って良いと思います。
そうですよねー。というか全く頼らないで生きていくなんて無理ですし;;笑 
私の場合、頼りすぎている部分があるので…もっと自分でできることは自分でしないとなぁーって、考え直しました。普段の生活からだったら絶対そんなふうには思わないんだろうけど、面談という機会があったので改めてそう思えました。
口では言えないけど…私は母が好きだし、『自立する』なんていってもやはり頼ってしまうし。お互いもっと分かり合おうとできればいいんだけどなぁ。。。
それはまだまだ先になりそうです笑w




お二人とも、コメントありがとうでした☆+゜
posted by さら : 2007/02/22 7:09 PM :
俺はぶっちゃけおかんに…ってか、両親には社会人になった今でもかなり頼ってます。普段は当たり前すぎて気付かないけど、親の存在って大きいんですよね。それはどれだけ歳を重ねても変わらないかな、やっぱり。むしろこの歳になって気付いた事が沢山あったりします。
ずっと一緒に暮らしてる1番身近な人だから安心もするし時には感情的にもなるけど、それが家族なんだろうなって俺は思ってます。
自立する事は大切な事ですよね。ただその影にはやっぱり自分が望まなくても母の存在があると思います。俺が事故った時ずっと付き添ってくれたのもおかんでしたからね。それに自分が親になって初めて気付く事も沢山あるでしょう。
長くなったけど、頼る事は悪い事じゃないと俺は思いますよ^^。そうやって少しずつ成長して行って良いと思います。

って、何か詳しい事情も知らずに偉そうな事ばかり言ってごめんね><
posted by しゅん : 2007/02/21 6:27 AM :
昨日から実家に帰省してましたtakezaoです。
私にとって、母の存在は…すごく偉大。どんなに私が歳をとっても、ずっと母を頼りにしてしまうだろうなって思う。
自分で自立してると思っていた、大学生の時でも、社会人になった今でも、最終的には、困ったら電話してしまうの人達の中に母もいた。
毎日会ってる中で感謝の気持ちってなかなか伝えづらいと思う。私は1年に何度かしか会えなくなってから、母と会う機会ができると1日に10回近くは『ありがとう』と言う言葉を母に伝えている気がする。
それだけたくさんのことをしてもらっているのに、以前までは気付かなかったのかなーって、守られていたのにわからなかったんだなーって、今は実感するなー。。。
さらさんは…自分に甘いわけじゃないよ。だからって、厳し過ぎるわけでもないけど。もっと、もうちょっとだけ楽観的…とは言わないけど、気楽に先のことを考えることができたら、人間的にもっと大きくなるだろうなぁ〜ってオレは思います。
(長々と変なコメントでごめんなさい)
posted by Takezao : 2007/02/20 4:48 PM :
<< NEW : TOP : OLD>>